ぶなしめじ写真日記_byしばお

<   2012年 04月 ( 15 )   > この月の画像一覧

168

b0159790_2259950.jpg


成功するかどうか分らないけれど、思いついた以上はまずはやってみる。(可能であれば)
ありきたりといえばそうなのかもしれませんが、逆光です。
太陽を画面に入れて、しかもこんな露出なので、イメージセンサーは大丈夫だろうか心配になったものの、壊れたら笑えば良いやくらいに思って撮っていました。
(強い光に弱いのはすごく昔のビデオカメラだったはず、、、)

あたっている光が強すぎてAFは効きません。かといってMFでも肉眼では眩しすぎてはっきりと像が見えません。
目検討で合わせた割には上手くいっていると思いたいところです。
こんな撮り方なんてしょっちゅうするものでもないです。暫く目がしょぼしょぼしていました。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2012-04-30 23:15

167

b0159790_22351371.jpg


18-125のレンズ、そこそこズーム域も広く、それでいてあまりかさばらない。どれか1本だけ持っていく時には選ぶことが多いです。
それでも望遠側はもうちょっとほしい時もあります。今は18-200でもそんなに大きくないはずなので、いずれはと思いながら買い替える程でも、、、で、今日に至っています。

正直この時はもう少し望遠が欲しいと思っていました。
場所的にそれ以上近づくことがでず、レンズの望遠も足りない、でももう少し大きく撮りたい。
無理なものは無理。
まわりの花を使って何とかまとめようとしていました。結果、これです。

そんなのトリミングすれば良いのでしょうが、実はトリミングが面倒なんです。
撮る時にあれこれやった方が楽で時間もかかりません。多分。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2012-04-28 23:28

166

b0159790_192271.jpg


桜はうすピンク色。
そういうイメージがありましたし、それにそういう色で撮るのが良いことだと思い込んでいました。
いわゆる桜色(R:254 G:244 B:244、、、とかいうやつです)でないと桜らしくない思っていました。
でもこの時見たのは、ほぼ白い花びらです。蕾から開き始めの時は桜色に見えますが、花びらが開ききってしまうとほぼ白です。
以前は白く写ってしまうのは失敗と考えていました。保存される写真がデジタルデータの画像になってからはどの程度ピンクを乗せるかを考えていました。
そうすると今度は空色が思う通りの色になりません。
そんなときこそ画像処理ソフトの便利なあれこれの登場となる訳ですが、いつもながらの悪いクセが出てきてしまいました。
その色は本当に必要か?
実物はどう見ても白ではないか。
実物が桜色であればその再現を目指せば良い。白にイメージの色をかぶせてもいい色になる自信はない。
ならもういいや、白く撮ろう。
という訳でした。

この時は光のあたり方が宜しくなかったようです。かといってえり好みしている時間もなかったので撮ってしまいました。
それにこのレンズ特有の周辺光量の落ち方のせいで、狭いことろを覗き込んでいるような雰囲気です。
じゃあ撮る必要もなかったし、そのうえブログに載せるなんて。なんですが、そこはそれ、なのです。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2012-04-28 19:34

165

b0159790_014523.jpg


驚いたのは、思ったよりノンレクレックス機(個人的には馴染なまい呼び方ですが)を多く見かけたことです。
やはり小さくて良さげです。コンデジのような頼りなさがなく、そして威圧感を感じないのがいい。
そういったカメラを構えている人を見かけても、写真を撮っていることを認識しつつも邪魔な感じがしません。
カタログや店頭では分りませんでしたが、撮っているところ見かける限りでは実にちょうど良いサイズのカメラです。

そのあとで一眼レフを見ると大きく感じます。エントリー機であっても太ったカメラに見えてしまいます。
それに撮っている時に顔が隠れてしまうのもあるのかもしれませんが、一眼レフを持った人がその場で浮いて見えてしまうことがありました。
そういう私も一眼レフをかまえていましたが、、、
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2012-04-28 00:39

164

b0159790_0244811.jpg


どう贔屓めに見ても桜のボリュームが足りていません。
撮ってから1ヶ月も経っていないのに、もう随分と前の話のようです。
そうだ、ブログ更新だ、と思い出すまで桜のことは頭から抜けていました。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2012-04-27 00:34

163

b0159790_043397.jpg


一度はカメラを鞄にしまったものの、急に晴れてきたので再び撮り始めたのですが、なにしろ通路が狭い割に人通りがあまりにも多く、ゆっくりと撮れません。
感じが良さそうなところは更に人が多くますます撮るどころではありませんでした。
仕方がないので、撮る方はそこそこにしてあとは眺めるだけになりました。

始めはだいたいでざっくりと撮って、後は構図を詰めながら枚数を重ねていこうとしました。
ところが、構図を詰めるなんてやり慣れていないので、撮れば撮る程残念な感じになっていきます。
いつもだいたいこんな感じです。狙おうとすればするほど失敗の方向に進んでいきます。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2012-04-24 00:21

162

b0159790_2352685.jpg


桜は本当にあっという間です。
見頃が短いのはどうにかならないのでしょうか。そういう品種だからしょうがないところでしょうが、そんなに短くて種として大丈夫なのかと心配にもなってきます。

パッと咲き、パッと散る。それが良い。なんて誰が言ったか知りませんが、本当に良いかどうかは興味がわきません。
写真を撮るには開花の期間が短いことだけ知っておけば問題なしです。

パッと咲く直前の花の群れに出くわしたのでカメラを枝の隙間に滑り込ませました。
おそらくこれらの花びらが開くところを見る機会はないでしょうし、現にありませんでした。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2012-04-18 23:39

161

b0159790_23251881.jpg


季節のものは、その季節のうちに。
が正解かと思い、桜の写真です。
今年は梅が遅かったので、桜はまだ先かと思いきや、4月に入ったとたん、あっという間に咲いていました。

桜のようにメジャーな被写体は独特の難しさを感じます。
なんだか桜というのはこう撮るものなのだ。みたいなものが先行してしまい、どうしてもお手本をなぞるような感じになってしまいます。
お手本から外そうとすると、外した分だけダメになる感じで、窮屈な感じもしてしまいます。

そうはいっても、お手本に近づこうとするのは意味があると思っています。
窮屈な感じはすれども、突き詰めていこうとする姿勢の前には窮屈さは小さいです。
ただ、突き詰めるほどのものを持っていないのが問題だったりします。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2012-04-17 23:47

160

b0159790_013187.jpg


水を撮るならどうしよう。
結局、自分のイメージに近いのはこの画になりました。

b0159790_0132192.jpg

[PR]
by bunashimeji_2nd | 2012-04-17 00:15

158

b0159790_23555463.jpg
b0159790_23562752.jpg


画像を現像しながら、色によって随分と印象が変わるのを実感しました。
そもそも現実的な絵柄でもありませんし、見た目の色は忘れて色温度をいじってみました。
結局、よく分らない色に落ち着きました。

自然な色はあえてしない方が良いだろうと考えていました。(その理由についてはいまだにもやもやしています)
既存の色、例えば電球色のように何かの色と分ってしまうのも違う気がしましたし、極端に不自然な色はそもそも頭にありませんでした。
ということで、よく分らないけど何かの色。が丁度しとしました。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2012-04-15 00:14