ぶなしめじ写真日記_byしばお

<   2009年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

ふぉとぐらふ

b0159790_18451669.jpg

ここ最近の写真整理が一段落つきました。ついでにブログネタも増えました。

ネタの為に撮っているのかと言われると、多分半分はその通りです。
とりあえずシャッターを押す理由があればそれで良いです。
もう半分は我を通したいだけです。

理想を言いますと、見てもらう人に新しい視点を提供出来たら嬉しいところです。
キレイさはその手段でも構わない。
いささか乱暴かも知れませんが、正直に言ってしまうとそうなんです。
あくまで理想、というこで。

パパの内緒な楽しみ
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2009-05-31 21:03

パイロットシート

b0159790_1846129.jpg

以前はベビーカーに乗せた瞬間に大泣きしていましたが、最近ではなんだか堂々としています。
ベルトを閉めて真正面から見るとまるで運転席のようです。
b0159790_18482256.jpg

というわけで発進です。
b0159790_18485512.jpg

只今休憩中。

パパの密かな楽しみ
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2009-05-30 19:13

晴れた日の景色

b0159790_23315326.jpg


b0159790_23334215.jpg


b0159790_23335145.jpg


分る人には分ってしまうんでしょうね。
実はもの凄い狭い範囲で撮っています。本当に横浜駅の周辺です。
何だかものすごく手抜きっぽいです。
良いんでしょうか、こんなんで。

良いんです、きっと。良いということにしておきます。

ソフトフィルターを使った写真は一旦今回で終わりにします。
こういう使い方でいいのかな?な部分はありましたが、だいたいの感じは掴めたと思います。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2009-05-30 00:28

ソフトフォーカス、ナウ

b0159790_21434650.jpg

本当はソフトフォーカスレンズの描写が最も自然でキレイな描写にできると思われます。 
しかしながら現実的な選択肢としては光学フィルターかと。
今更ながらソフトフォーカスレンズが現行品だった頃に買っておくんだったと思っています。
まあ、それはそれで置いておきます。

光学フィルターはケンコーやマルミでわりあい種類があるようです。
デジタルフィルターも使えそうです。
その他、レンズの前にサランラップやストッキングを被せたり、Pフィルターの表面に脂を塗ったり息を吹きかけたりと、手作り感覚な方法もあります。
あとはソフトウェアでのガウスぼかしとかでしょうか。
いずれもソフトフォーカスレンズの代わりは難しそうです。それぞれ独特の効果として考えた方が良さそうです。
ガウスぼかしは可能性を感じますが、私個人としてはほとんど未経験です。

実は昔はソフトフォーカスを嫌っていました。
幻想的な雰囲気と同時に偽物っぽい雰囲気も感じていました。
それでも「作品」を観る機会があったことがきっかけとなり、撮ってみたくなりました。
(きっかけになったとは言っても、時間的な前後はありますが)
作例からは色んなヒントをもらうことはありますが、きっかけとなるには作品を観る必要がありそうです。

で、ソフトフォーカスについてこの後何を撮ろうかは全くのノープランです。
もっと強い効果を試してみることは考えています。
とりあえず、今回のソフトフォーカスは明日で最後にすることにします。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2009-05-29 00:20

街灯の緑

b0159790_23495526.jpg

空の色と街灯の光、不思議と合います。
蛍光灯の不自然な感じの色と組み合わせるのは違和感があるかと思いきや、そうでも無いようでした。

実は蛍光灯は苦手でした。
蛍光灯はもともと緑や青緑が強い光のようです。
蛍光灯の下で撮った時の、いかにも不健康そうで不自然で補正のしにくい色。
加えてちらつきの発生。
どうにもな〜な光源でした。

あるとき色の補正を諦めました。面倒になってしまいました。
フィルムでは特にフィルター無しで、デジタルではホワイトバランスを太陽光にしてみました。
意外にも緑色が面白く感じました。蛍光灯の色単体では好み的にキビシいところですが、他の光源の色と組み合わせるとけっこうきれいなのでは?と感じるようになりました。
そのうち、古くて色がおかしくなった蛍光灯なんてウエルカムです。なんて言いはじめるかもしれません。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2009-05-28 00:22

写真だけに

b0159790_216244.jpg

スーパーのチラシを見ていたら、あることが気になりました。
商品画像が写真でないものがいくつかありました。
CGでしょうか?それとも包材用のデータを流用しているのでしょうか?
いわゆる経費削減でしょうか。
実際、パッケージだけの画像であればそれでもかまわないんでしょうね。 
でも、小さな画像であっても一定のリアリティがあると、買いたい!なんて思えたり、なんていってみたりして。

やっぱりカメラを持っているんであれば、写真でしかあり得ない画を撮ってみたいです。
チラシをめくりながらそんなことを思っていました。

写真であればこその画とは、、、
写真表現的なオリジナリティ、と言えば良いでしょうか。
もし仮に同じ画をCGで作ったら思いっきり不自然な画になるような写真、とか。

え〜、これ以上進めてもグタグタになりそうなので、今日はこれにて失礼します。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2009-05-26 23:33

はみ出し写真

b0159790_2337727.jpg

何を撮っているのか分らない画。
ネタを明かせば上は花壇の葉と手すりの一部、下はすりガラスに写った影です。
元の被写体が何だか分らないように撮ったにも関わらずネタを明かしてしまうのは、ネタを明かしても状況が分らない位に切り取ってしまっているからです。

よく写真は切り取りと言われますが、次の二つの点でスッキリしていません。
状況が分る切り取りとそうでない切り取りがあるのかということ。
フレーミングとの違いは何かということ。

b0159790_23401462.jpg

こじつけでも良いから定義してしまいましょうか。
分らないことがミステリアス。と言うのもアリかも知れませんが、どうなんでしょうか。
その前にこれは写真と言えるのでしょうか。
はみ出し写真、ということで、ひとつ。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2009-05-26 00:06

新緑らしくない新緑

b0159790_2323471.jpg

[PR]
by bunashimeji_2nd | 2009-05-25 23:35

黒すぎ

b0159790_19351045.jpg

黒い画が続いてしまいました。
どうも一度はやりすぎておかないと気がすまない性格かもです。
去年くらいは画面の中に黒(影)を積極的に入れてみて、結局重苦しくなるくらい黒を入れてしまいました。
そうしないとさじ加減がわかりません。随分と面倒な性分ですがしょうがないです。
かといって過激さや極端さは好まないところです。
アクセルを踏んだり緩めたたりして程よいところを探るような感じでしょうか。
今回は黒の中にトーンを積極的に残そうとしている点がプラスアルファーだったりします。
おいおいと詰めていきたいと思います。

ところでドラマ性のある写真を。とは言われますが、苦手です。
その場の雰囲気を撮るもの苦手です。
そのあたりもおいおいと、、、
何処かに書いておかないと指向することすら忘れてしまいそうです。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2009-05-24 20:13

よし、今日は「無題」でいってみよう

b0159790_20153988.jpg

滅多に無いことなんですが、撮りたかったものが撮れたと思う時があります。
もちろん撮りたかったものとは信号機ではないです。
要素と言った方が良いでしょうか。
立体感はこうやって出すこともできるのか、とか。
遠近感はこれくらいが丁度いいのか、とか。
傾きはこれくらいがわざとらしくないか、とか。
ピンポイントで入る色の効果、とか。
いつだったか観た写真の撮影距離はこれくらい?とか。
そんなもろもろです。

ここで撮りたかったものは画として出力される結果ではなく、今度こうしてみよう、ああしてみよう、なものです。
今度○○をこういう風に撮ってみたら?と自分自身に提示しているようなもんです。
未消化なイメージを消化に向けて一歩進めるような感じ。
例えれば食べた食物が胃から十二指腸に進むようなものでしょうか。(例えなっているかどうかは微妙です)
なのでタイトルは思い浮かびませんでした。
特に何かのメッセージも無いですし。

では、いつもはあるのか?
微妙にあります。多分。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2009-05-23 23:44