ぶなしめじ写真日記_byしばお

カテゴリ:お出かけ( 16 )

izu photo museumの続き その5

b0159790_23511238.jpg


入口にちょっとした花壇があったので、ちょこっと撮影。

ちなみにミュージアムへのアクセスはお世辞にもよろしくないです。
車で行く場合、道自体はあまり複雑ではないのですが、途中で曲がる交差点が分かりにくいのです。パンフレットやHPの地図も分かりにくいです。
事前に市販の地図を良く見てから言った方が良いです。カーナビがあればそれでも。

アクセスの良くない美術館は、より多くの人に鑑賞してもらうという役割を、十分果たしていないと考えています。

とはいえ、行けて良かった写真展でした。
そして次回は宮崎学展だとか。気になります。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2012-11-17 00:20 | お出かけ

izu photo museumの続き その4

b0159790_23471417.jpg


カフェにしても、おしゃれ感がたっぷり。
ミュージアム、ショップ、レストラン等々、統一感があって気分がいいのです。
庭園美術館まで行ったらもっと満足度が高かったかもしれませんが、この時は写真展が目的。
全て回るだけの時間もなかったので、写真展のみ。

フォトミュージアムの建物はいい雰囲気でした。
写真展と一緒に建物を鑑賞するのもアリなのかと思えます。

そしてカフェは、雰囲気通りのお値段でした。
結局入らずじまいでした。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2012-11-13 00:01 | お出かけ

izu photo museumの続き その3

b0159790_22057.jpg


ミュージアムショップあたりを歩いていたら、カメラを持った一団がいたのです。
どうやら写真学校のツアーらしかったのです。

その付近にはミュージアムショップの他に、花屋さん、おしゃれな食堂、こじんまりとした庭があって、さほど広いスペースではないのですが、皆さんガンガン撮っていました。
この人たちはどこでも撮るのか。と、そっくりそのまま自分に返ってきそうなことを思ってしまいました。

肝心なのはそいうことではなく、彼らを見ていて気が付いたのは撮影のリズムです。
撮影のリズムというか、動作のスピードがどこか懐かしいのです。
自分の直感に間違いなければ、都心でストリートスナップをしている人たちのそれに近いものです。

こんなところで都会の匂いに出会うとは。
都心とは反対の方向に来たはずなのに、、、

ところで、同じ被写体に対して複数枚撮るときのリズムは、機材により異なってきます。
しかし、被写体を見つけてから構図を決めてシャッターを押すまでの一連の過程でのリズムは、普段撮っている環境によって変わると考えています。

撮っている時の動作から感じる匂いは、普段から身についたものなのかもしれないです。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2012-11-11 02:45 | お出かけ

izu photo museumの続き その1

b0159790_23511742.jpg


先日行った松江泰治展ですが、内容についてはおいおいと、、、
と思っていましたが、既にメディアには多くの解説が載っているので、そちらを見た方が的確で分かりやすいです。
個人的な印象としては、理屈抜きで楽しめた部分と、多少の混乱はありました。

立体感がないこと。
これはそういう意図らしいのですが、そもそも写真に立体感が無いというのはマイナス点だと信じていた私にとっては、ショックでした。
立体感の無さが、見る行為を(もしくは撮る行為)を際立たせている。そんなことがあってたまるか。
しかし目の前に事実があるのだから素直に認める以外にありません。

そういったインパクトだけでなく画的な美しさにも惹かれました。
道路の線や地形の模様の収まり具合が美しいと思えるほど絶妙でした。

ところで、その日はカメラを持った人がたくさんいました。
まあ、写真展だから、と思いきや、実は同じ日にどこかの写真学校の企画でツアーがあったようです。
ミュージアムそばの庭で思い思いに撮っている人たちを見ていたら、私まで撮りたくなってしまうではないですか!!

そんな刺激がなくても撮るときは撮るでしょ?
そういう指摘は受けつけません。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2012-11-09 00:20 | お出かけ

izu photo museum

b0159790_9413480.jpg


松江泰治展に行ってきました。
行って良かったです。
個人的には満足。もしくはそれ以上の何かがありました。
感じた何かは写真の根幹に係わるもののような気がしますし、作家に係わるものなのか、とにかく何かです。

もしかしたら、写真観の違いにより受け入れられない人もいるのかもしれない。とも思いました。

出不精の私がこれだけは観に行かないと、と直感した写真展で、その直感は間違っていませんでした。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2012-10-28 09:38 | お出かけ

忍野八海

b0159790_1825593.jpg


今回のタイトルは撮った場所です。
忍野八海から撮った富士山であって、忍野八海が写っているわけではありません。
もっとも、富士山自体も画面の端っこで、主役は雲になっています。
富士山付近では、面白い雲が見えることが多く、その点では富士山が写っているといっても良いのでしょうか。

忍野八海で一番好きな場所は、「八海」のうちのどれかではなく、そこを流れる川です。
景色の良しあしではなく、居て気分のいい場所なのです。

昔、ペンタックスでFA28mmソフトレンズの宣伝写真で、この川の写真がありました。
水の反射のフレアが気持ちよかった印象でした。
写真としては、フレアは演出の範囲でしょうが、その場所で実際に感じた印象と、写真から感じた印象が重なりました。

写真を見て、またここ行きたい。という思いがわいてきました。(実際に行っていましたが)
同時にこのレンズも!!
とは経済的な事情で実現しませんでした。
それでもソフトフォーカスに対して興味がなかった(むしろ否定的だった)自分に対して、ソフトレンズいいじゃん!
と思わせた写真でした。

写真の力、というのはこういうことを言うのでしょうか。

そして今回は、川は撮ったのか?と言えば撮りました。
ブログに載せるようなものではないですが。

b0159790_18274438.jpg


忍野八海に初めて行ったのは、社会人になってからのことで、富士山と雲は子供の時から数年前までのことです。(小田原に住んでいた時の間です)
どっちかと言えば、雲の方が付き合いが深いです。雲は優先的に撮ります。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2012-10-07 18:32 | お出かけ

すべりだい

b0159790_873893.jpg


なんだか不思議と画になる滑り台でした。
やっぱりこの距離だろうか。
近づいてみようか、いや、でもやっぱり、、、
で、結局撮ったのはこの1枚でした。

誰も写っていないのが良かったように感じています。
公園→遊んでいる子供。となるのでしょうが、どうも子供が遊びまわっている公園にも見えません。
平日とかはどうなのかわかりませんが。

ところで、最近いくつかの写真ブログを見ていて、「気に入りました、保存させてください」な趣旨のコメントを見かけました。
写真を見ての感覚的な共有のようなもの(もしくは伝えるもの)が自分の感覚としては近いものですが、画像所有することでの共有は違和感を感じました。
もしかしたらそういう文化があるのか、そもそもWebで公開すること自体がそうなのか。

しばらく様子を見てみようかと思っています。
自分の感覚と、常識がずれているのであれば、このブログも続けている意味がなくなります。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2012-10-07 08:33 | お出かけ

新鮮であること

b0159790_8365215.jpg


どう撮ろうかと迷った時は、二つの方向のうちどちらにするかを決めます。
一つはお手本をなぞること。
もう一つは見たことのない撮り方をしてみること。

前者は撮る練習になりますし。
後者はアプローチの整理ができます。他にもいろいろ。
なにより撮っている時の興奮度合いは後者の方が圧倒的に上です。

結果としてどこかで見たような画になってしまうことも多いですが、それでも楽しいので良しです。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2012-10-06 08:44 | お出かけ

ハーブ園

b0159790_23504920.jpg


河口湖畔の公園。
観光地なので、当然写真を撮っている人は多いです。

そういう時はさっと周りを見渡して、ほかの人が撮っていない場所や撮り方を選びます。
こういう場所で、きれいな景色を撮るのは当然といえば当然なのですが、私としては込み合った場所で撮るよりはゆっくりと撮りたいです。

そして、こんな画を撮っていました。

そういえばここ数年、カメラマンのマナーが良くなったような気がします。
何をもってマナーが良いかは、、なかなかきっちりとは言えない部分ですが、少なくとも乱暴な人は見かけていません。
唯一見かけたのは三脚を伸ばしたまま移動している人くらいでした。
あまりいやな思いはせずに済みましたが、なんとなく物足りない気も、、、

(写真に写るから)そこどいて。
なんて言われたりした時代もあったなー。なんて思ったり。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2012-10-03 00:11 | お出かけ

赤い実

b0159790_0582.jpg


6月の日差しはとにかく強いです。
何の植物かわかりませんが、赤い実の赤さが強調されて見えていました。
試しに逆光にしてみたら、日差しの強さが一層際立っていました。

こういうものでも撮ってみると結構面白いものだ。が素直な感想でした。

あまりに強い日差しでしたので、カメラもレンズも日向に置いておくとすぐに熱をもってしまいます。
本当に心配になってしまうほど熱くなります。

気が付いたらピントが常にずれていました。もしかしたら熱のせいで何かが変わってしまったのでしょうか。
後日確認したらピントのずれは解消していました。
本当の原因は分かりませんが。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2012-10-02 00:24 | お出かけ