ぶなしめじ写真日記_byしばお

咲いている途中の紫陽花

b0159790_22563178.jpg

梅でも桜でも紫陽花でも、花の丁度いいもごろの時に見たり撮ったりできればいいのですが、実際にはなかなもうも行きません。
行ける時に、丁度見頃であればラッキー、ぐらいです。
しかし、そういう時は他のカメラマンも多く、思うように撮れないことが多いです。

なので、見頃を外してしまった場合は、空いていることを利用して、自分の撮りたい構図を探すことにしています。
そして、次の機会でどう撮ろうか検討する。と言いたいところですが、次の機会はそうそう簡単に訪れるものではありません。
そうして、花からどんどん遠ざかってしまうのでした。
花だけでなく、季節限定の被写体全般に、撮ることが少なくなってきました。

それでも、時々思い出したように撮ることはあります。

b0159790_23151842.jpg

背景を暗くするのが基本。
そんな風に教わっていました。
なぜ?と問うまでもなく、論より証拠な感じで、やってみたら確かに良く見えるので納得しています。
かと言って、真っ暗なのはつまらないので、多少は写しておきたいところです。
シャドーの中に少しばかり濃淡があるのが好みではあります。
もしかしたら、写真としては、しっかりと黒く締めた方が好まれるのかもしれません。

どう撮るのかが正解なのか分からない時は、どちらも撮れるようにしておこうと思うのでした。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2015-03-09 23:25