ぶなしめじ写真日記_byしばお

できる人

b0159790_1211918.jpg

タムロンのA16を使うようになってから、画質の不満はかなり解消されました。
今まで使っていたズームと比べてもかなりシャープに写ります。
いろいろと不満な部分もありますが、リーズナブルながらできる人、な印象です。
敢えて欠点を掘り起こさなければ、かなり使えるレンズです。

同じクラスの最新モデルは、更に良く写るらしいです。
ただ、あんまりA16と同じ方向の描写でも面白くないかとも感じています。
大雑把に言うと、シャープで硬い写りばかりでは面白くないです。ぱっと見の見栄えは良いけれど、それ以上が難しいです。

手持ちのレンズで言えば、シグマの18-125mmはA16よりシャープネスは劣りますが、色の拾い方が良い感じです。コントラストも程よく、レタッチもしやすいです。
使いでがある、と言う点では勝っていると感じます。

市場の評価は、やはりシャープネスの高さが優先なのでしょうか。
とすれば評価の高さは、分かりやすい順位や点数になるかと思います。
しかし使ってみてわかる性能もありますので、結局は使い込んでみないと、ということになります。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2013-09-09 01:54 | K-30+タムロン