ぶなしめじ写真日記_byしばお

植物園で撮る

b0159790_931479.jpg

b0159790_9334529.jpg


大抵の場所は通路が狭いので、狭いスペースに合わせた撮影にならざるを得ません。
そこで50mmの画角はかなり使いやすいです(APS-C機の場合です)。
画角がこれ以上広いと背景の処理が難しくなります。狭いとブレとの戦いが厳しくなる上に、撮影距離の制限もあります。

特に通路が狭いのは温室ドームなどです。
どの植物園でも被写体に困らないものの、通路は狭いところが多いです。むしろ広いところを知らないくらいです。
立ち止まろうものなら、後ろから来る人の列に気を使う必要があります。
鑑賞するなら良いのですが、撮影にはあまり適してはいないスペースです。

植物園で撮るというのは、特に温室ドームでは花の撮影半分で、こじんまりとした場所でテキパキ撮る練習が半分と感じます。
屋外なら割と撮影に集中できる感じです。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2013-08-31 10:07 | シグマレンズ