ぶなしめじ写真日記_byしばお

三脚の話

b0159790_0404382.jpg


いつだったでしょうか、三脚の脚を伸ばしたまま移動する人がいて困る。
そういったことを書いた記憶がありますが、写真雑誌を読んでいたら、まさに我が意を得たりな記事があって少しばかり嬉しくなってしまいました。

三脚を伸ばして、しかも機材を付けたままで移動するのは、周りに人がいた場合に危ないし、機材落下の危険もあるというものです。

ただ、見かけた時にどう対処するのかは困ります。
記事の筆者はとび蹴りをくらわすと書いていました。冗談か本気かともかくも、全国に宣言しているので、まあそれはそれで。
そこで問題は私です。
本人に何か言ってトラブル(※)になるのは嫌ですので、娘(4歳)に三脚のそばに近づかないようにい言うのが関の山なヘタレ加減だったりします。
娘は正直なので、何がどうしてダメなのかを大きな声で復唱してくれるので、特に問題はないでしょう。

思い出せば、私も子供の頃、そのように言い聞かされてきました。
カメラマンは思い通りに撮れないと、怒鳴り殴る人達だと。
撮影マナーの話になると話題に事欠かないところですが、何十年も前からある話だと思うと、少しうんざりしてきます。


特にこれと言ったトラブルを経験したわけではありません。
それでも、ある人と移動時の三脚の話をした時に、
それなら10cm移動する時も三脚を畳むのか?何m移動する時に畳めばいいのか?と言われたことがあります。
そんな判断ができなのかと思いましたが、もしかしたらその人は自説に同意されないのが嫌だったのでしょうね。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2013-08-04 01:59