ぶなしめじ写真日記_byしばお

CCD機

b0159790_01304.jpg


カメラ関連の記事で、読者のアンケートなるものがあって、質問内容はCCDとCMOSのどちらが好きかというものでした。
相変わらず見当はずれの質問だと思いながらも、つい読んでしまいます。
世代が違うデバイスを好みで選ぶのもピンときませんが、あえて言えば個人的にはCCD機。
イメージセンサーだけで画質が決まるわけではないでしょうが、画質を大きく左右するものではあるかもしれません。

この写真もCCD機で撮ったものです。
CMOS機から比べてれば色ノリも良く、自然な印象の画質です。
しかしCMOS機は高感度での画質は良好で、これはこれで捨てがたいものです。CCD機の方が好みと言っても、CMOS機だって悪いわけではありません。
より好みの画質を期待できるCCDと、実用面でつぶしが効くCMOS機と言ったところで、私としては納得したいです。

そして、アンケートの結果を見ながら、かつて(と言っても数年前程度)CCDは、高感度ではノイジーで使い物にならず、動画もキビシイ時代遅れのイメージセンサーと言われていたのが、いつの間にか古き良きモノになったのだと感じました。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2013-05-09 00:31 | シグマレンズ