人気ブログランキング |

ぶなしめじ写真日記_byしばお

ファームウェア

b0159790_1011470.jpg


K-30のファームウェアを1.04に更新しました。
少しだけ触った感触としては、良さげです。1.03で稀に感じていた反応の遅れも感じません(気のせいかもしれませんが)
動作不安定の修正、という事しか分からず、実際にどこら辺が改良されたというのは分かりません。
触ってみた感触としてはスムーズで不安気の無い動作です。

購入した後も何かしら改良される。これはデジカメになってから初めての経験ではありますが、良く考えたら今使っているPC(ソフトか?)だって同じです。

ネガティブな考えで言ってしまうと、不完全な状態で市場に出したと言えなくもありません。
答えはYESでしょう。しかし完全なプロダクトは現実的でなありません。
ある程度の品質が確保され、ユーザーが問題なく使用できるレベルであれば市場に出して良いのではと思っています。(個人の感想)
なので初期の1.00でも問題ないはずです。実際数か月使ってみても問題なく使えました。

以前カメラ雑誌の記事で、後から改良するくらいなら、しっかりと改良した後で市場に出すべきだとする趣旨の記事を書いていたカメラマンがしました。
PCを持たずに、ファームウェア更新に手間がかかる人たちにとっては、心地の良い正論でしょう。
しかし実際に改良され尽くすのを待っていたら、市場に出すタイミングが見えなくなります。ある程度の線引きは必要です。
実際、線引きの程度は妥当かと思います。
by bunashimeji_2nd | 2013-05-02 10:33 | K-30