ぶなしめじ写真日記_byしばお

1/2

b0159790_23164934.jpg


水平線や地平線を画面の真ん中に置くのはよろしくないと言われます。
写真の構図のノウハウのようなもので、見せたいものの方に画面を割くようにするのが良いと言われます。
要は、何を撮っているのかを見せるためのもので、例えば空がキレイだったら画面に空を多く入れて、空を見せたいことを伝えるのが基本になります。
そして上のような写真は、何を見せたいか分からない、悪い見本になります。

そうは言っても、カメラを上か下かに向ければ、当然垂直方向の線は傾きます。
レンズの軸が固定されているシステムではやむを得ないところですが、傾きがとても嫌な時があります。
レンズが作る傾きがどうしても嫌な時は、真っ直ぐに構えてしまいます。

ただし、一般的には二分割より三分割の構図の方が好まれるはずです。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2013-04-04 23:51