ぶなしめじ写真日記_byしばお

道具

b0159790_143099.jpg


一眼レスは、オールラウンダーなシステムだと思います。
一眼レフは、イコール高画質ツールとの見方はあるのでしょうが、それ以上につぶしが効くところに存在価値があると思うのです。

単に画質優先であれば、焦点距離の短いレンズに関しては「レフ」の機構が不利に働きます。
いろいろなレンズが使える(マウントが合えば)汎用性は。専用の最適化と相反します。
画質では必ずしもベストではありませんが、焦点距離や撮影距離の守備範囲の広さは一眼レフの最大の利点かと。

機材として、大きすぎず、交換レンズやアクセサリーによる発展性があり、そして十分な画質を得ることができる。
そういう機材です。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2013-03-20 02:16