人気ブログランキング |

ぶなしめじ写真日記_byしばお

箱根 彫刻の森美術館 その5

b0159790_18591.jpg


K-30を購入した理由は、自分にとってちょうどいいカメラだったからです。
新製品の発表の記事を見て、オッと思うものがありました。そういう時は高い確率で購入しています。

ちょうどいい、というのは廉価判でも高級品でもないモデルであったこと。
廉価判だと大抵後で何かしら不満が出てきます。高級品だと滅多なことでは買えない上に買ってももったいなくて使いない性分です。
以前フィルムカメラの高級モデルを買ったときは(もち中古)、買った日の夜にカメラを握りしめながら寝ていたくらい嬉しかったのですが、結局フィルムを通したのは数える程でした。

K-30自体はどちらかと言えば、廉価盤モデルの機能を拡張して上位モデルとして作られている印象です。
なので、シャッターの感触など所々で廉価盤の匂いがしていますが、操作性や見やすいファインダーなど満足感のポイントもあります。

ところで、イメージセンサーがAPS-Cサイズのモデルは微妙な位置にあるように感じます。
廉価判モデルはミラーレス機と競合しつつあり、上位モデルはフルサイズ機のモデルと競合しつつあると認識しています。
競合ならまだしも、置き換わるのではないかという懸念もあります。
そんな中でK-30のポジションは、APS-Cサイズ機としてあるべきもののように感じました。

デザインは独特。粘土のかたまりをへらでサクッと削ったような形。
ペンタ部の出っ張りも開き直った感じで良い。出っ張りでバランスが崩れるのを嫌ってあれこれごまかすより、ガツンと出っ張らせたところが憎いです。
他のモデルにあるような、優しい曲線のデザイン(やもすると小柄で太った体型のように見えることがある)とは異なります。また、クラシカルなデザインのように見た目の新鮮さがあるわけでもありません。
他に例えるものが見つからない、しかしちゃんとカメラらしいところが気に入りました。

機能面でも、視野率100%のファインダー、単3型電池が使用可能(要オプション)であること、その他の機能も必要十分でした。
ダストリムーバルなどは上位機種と比べてやや落ちますが、単3型電池が使えることからパワーを必要とする動作は見送ったのだろうと想像しました。
足りてない部分はあれど、許容範囲と判断。

で、買ってしまったのです。
by bunashimeji_2nd | 2013-01-01 01:52 | K-30+FA