人気ブログランキング |

ぶなしめじ写真日記_byしばお

K-30+FA28-105mmF3.2-4.5AL[IF](その3)

b0159790_2422882.jpg


意外とハイライトが飛びやすく、シャドーがつぶれやすい傾向を感じます。
廉価盤ですし、フィルム時代のレンズですからデジカメの特性なんて考慮しているわけもないはずです。

それならフィルムではいい写りなのかというと、何と言いますか、普通の写りです。
常用となり得るズーム幅で、小型軽量、そしてそんなに高価でないことを考えれば、商品として悪くありません。むしろ当時、MZ-3やMZ-5nにちょうどいいレンズでした。(だから買ったんですが)

デジタル一眼レフの初期の頃、イストシリーズが現行品だった頃は、割と良く写るという評判を聞いていました。
K-30につけてみても、まあまあ良く写るのでは?な印象です。

それでも表現が豊かなレンズ、とまではいかない印象です。
いい写真を撮るには、いいカメラ(レンズ)が必要。との意見に従えば、どちらかと言えばいい写真が撮れないレンズです。
かといって、ダメなの?と聞かれればそんなことはないのです。

実は、カスタムイメージの人物でも撮っているのですが、それらは割といい感じになっています。
一通り手持ちのレンズを、同じカスタムイメージで撮り比べた後は、レンズ毎に相性が良い設定を探してみたいです。

撮り比べる、と言っている割には撮っているものがバラバラではないか?比較になっていないのでは?と言われれば、その通りです。
このテキストも「個人の感想です」として読んで下さい。
by bunashimeji_2nd | 2012-09-16 03:12 | K-30+FA