ぶなしめじ写真日記_byしばお

149

b0159790_6585222.jpg


動物園は久しぶりでした。
以前は足しげく通っていたこともありましたが、今となっては昔の話です。
それでも昔に沢山(私としては)撮っていたおかげであまりストレスなく撮ることができているような気がします。
ただ、今は撮るという経験をあまり蓄積できていないので、これからどうなのだろうな〜なところではあります。

ところで動物園で撮る時は主に2つのアプローチがあると考えています。
ひとつは動物の記録。
ほとんどの動物園は、動物の姿や生態を見せるように作られている(はず)なので、それを狙います。
基本的に全体像や動いているシーンが多くなります。
もうひとつはポートレート風なもの。
よくある動物園の撮り方ノウハウがしっかり活きる撮り方です。こっちの方がメジャーかもしれません。
動物が比較的静止している状態や狭い範囲で一定の動きを繰り返している場合に、構図や背景を決めながら撮っていきます。静止と言ってもある程度は動いている訳ですが、動きのパターンをある程度つかんでいれば大抵なんとかなります。
静止時以外にも威嚇時やメスへのディスプレイ時等も狙い目です。

それ以外では所謂決定的瞬間なのでしょうが、私にとっては現実的な撮り方ではないです。
時間がかかりすぎることと、機材と腕が追いついていないのが理由です。
それに何が「決定的」なのかかが、最大の問題です。
by bunashimeji_2nd | 2012-03-24 07:30