人気ブログランキング |

ぶなしめじ写真日記_byしばお

New Yokohama Landscape #9

b0159790_082643.jpg

先日の繰り返しになります。
移動時間の短縮でどうしても横浜の景色ばかりになってしまう訳なんですが、何枚か撮った画を並べてみると不思議な感じでした。
これ、写っているの横浜だけど、写真にしたら横浜じゃないね。そんな感じです。

写真はありのままが写る。ありのままに写す。
そんな風に考えていましたが、少なくとも自分の撮った画には当てはまらないように感じました。
むしろ違う世界になっているようです。
ぱっと思いつくものでは、パラレルワールドでしょうか。

構図で世界を作ることができる。大層なことをいってしまうとそういうことです。
そこで個人的な仮説として、人はものを見る時、周囲との関連を伴って認識する。ということにします。
単純な例では雲を見る時、空も見る。人が歩いているのを見る時、道も見る。幼稚な例ですが、そういうことです。
ものを撮る時、それと関連するものをどの程度写すのか、写さないのかで現実との距離が作られるのではないかと考えます。
画の情報量のコントロールで世界を作っていく試みです。
才能ある人は無意識にやってしまうようですが、無い場合はとりあえず試してみよう。ということになります。
by bunashimeji_2nd | 2010-07-13 00:35