ぶなしめじ写真日記_byしばお

待つ

b0159790_2385278.jpg

ここに陽があたったら良い画になりそう。
雲の切れ間から太陽が顔を出しそうでしたので、構図を決めて待っていました。
構図を確認する為、試しに1枚シャッターを切っておきました。
実際に陽が射したら、思うところに陽があたらない上に、ハイライトの露出が上手くいきませんでした。
結局のところ、試しに撮った1枚が一番丁度良かったようです。

一つの色で構図を決めるのはけっこう楽しかったりします。
構図を決めるのは感覚的なものに頼っています。なんとなく良さげだから、です。
説明のしようがありません。S字とか黄金分割とか、そう言ったセオリーに当てはまるのかも分りません。
この手の画を撮ろうと思ったのは随分と前からです。細く長く撮っています。
花も無ければ虫もいない葉だけの世界を撮るなんて随分と変わったことを。なんて言われもしましたが、撮りたかったからとしか言いようがありません。
確かに花の方がキレイで見栄えもよく、私も好んでよく撮っています。実際にブログの写真を花だらけにしてしまおうと思ったこともあります。機会があればガンガン撮ってしまいたいです。
それでも葉を撮ろうとするのは、葉もまたキレイだと思ってしまうからです。
たまには脇役にもスポットをあてようか的な気まぐれなものでなく、葉は機能的でシンプルで美しいと本当に思い込んでいます。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2009-07-13 23:51