ぶなしめじ写真日記_byしばお

角度

b0159790_20423359.jpg

斜めの構図は加減が難しいです。
昔、斜めっているのは「失敗」だと聞かされていましたが、どなたかが表現方法としたのでしょうか。
始まりは分りませんが、確かに表現の一つです。

そして今回も少し離れて、少なくとも1メートル以上離れるとトーンが整って見えると思います。
しかし、見方を指定するなんて随分な話です。しかも両手がキーボードに届かない距離で見てくれ、なんてウェブで公開する類いの画じゃないですね。
なので、お暇があったら眼の休憩と思って試してみて下さい。ということにさせて下さい。
絵や写真には適切な鑑賞距離がある(はず)との考えがあるので、こんなことになっています。
それが本当かどうかは分りませんが、個人的にはそう思っています。

プリントに近づいて眼を皿のようにして見るのとは違う態度だと思います。それは向学としての意味が強いようです。
[PR]
by bunashimeji_2nd | 2009-07-11 23:31