人気ブログランキング |

ぶなしめじ写真日記_byしばお

リプレイ

b0159790_1244615.jpg

なんとなく頭の中にあったイメージっぽいものを再現してみたくなりました。
視覚イメージの記憶は幼稚園の頃にまでさかのぼりそうです。具体的な質感と夢のような曖昧さが混ざっている画に関心があります。

最近は心境の変化なのか、写真表現にあまり興味が無くなってきました。
(否定している訳ではないです、それが全てではなくなってきたという意味です)
むしろ撮った人の興味や視点に興味が向いてしまいます。
撮った時にどんな動機で撮ったのか、興味を持ったのか、写真にする為にどんな工夫をしているのかが気になってしまいます。
そういうことが写真から読み取ることができたら嬉しいです。
写真の本質は撮り手の有り様にあるのか、印画紙に定着した像にあるのか。
ここはそれっぽいことを言っておいてお茶を濁すことにします。

もしかしたら表現とはすべてをひっくるめたものかも知れませんが、今は表現は「表現法」として手段のように捉えています。
でもそれも今だけかも知れません。明日になれば全く逆のことを言っているかも知れません。
by bunashimeji_2nd | 2009-05-16 02:20